改訂版・ころころ帖

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧




Artist morito(CDアルバムを作る、2)

(Artist morito CDアルバムを作る、1。。。の続き)


さて、前回の続きですよー(´・ω・`)

9月にmoritoさんを取材して早12月。
早い。
その間、moritoさんは休日を利用してせっせとレコーディングに励んでたようだ。
とある町の(実は私の育った町だったりする)山奥に朝日がバッチリ見れて町を見下ろせる貸し別荘があるらしく、自然大好きmoritoさんは緑を感じながら音作りをしたいという事で主にそこをスタジオにしてレコーディングしてたようだ。

レコーディングには、moritoさんが敬愛する音楽仲間をゲストに迎えてアコースティックギター以外のパートを演奏して貰ったりしてたみたい。
「他の演奏家さん達にレコーディングをお願いする時は、演奏して欲しいパートのアレンジはmoritoさんが考えるのですか?」。。。とお聞きしたら
「いえ、自分がお願いするプレイヤーの人達は、僕が心からいい!と思ってる人達なので信頼して任せてます。意外な方に行ってしまってもそれはそこも好きでお願いしてるので構わないんです。」
。。。みたいな意味合いの事をおっしゃってた。
かっちょええ〜 
自分の作品に才能があって好きだと思える人達が快く参加してくれるなんて幸せですなぁ。。。
デモテープの段階で既に完成度が高かったのでこれにまた色んな楽器が加わってこりゃどうなっちゃうんだろう、えらいもんができてるんじゃないかとソワソワする(笑)
ところで、今回私が、moritoさんについて驚かされたのは仕事の速さだ。
8月の一ヶ月足らずで10曲近く作ってた。
なんですか、あなたは。
出木杉くんやないですかっ。

さて、一方私はその取材した後から12月までどんな事をしてたかと言うと。。。ひたすら頂いてたデモテープを聴いていた。
途中、違うArtistの曲も聴きつつ、ひたすら『good holiday』を聴いていた。あ、今回のアルバムのタイトルです。
ホント、全体的な雰囲気がそんな感じ。good holiday!

そして、morito節を聴きつつ、彼がよく詩の中に使ってるワードを確認していく。
コーヒー。旅。光。。。特にこの3つのワードが目立ってた。
ここからイメージを膨らませて行こうかなぁ。。。と思った。
そして、moritoさんは森本(←本名)だけに森の中に居なければいけない。
森、コーヒー、旅、光でholidayぽい雰囲気を醸し出さねば。。。うーーーーん。

まぁ、こんな感じでラフスケッチを描く事もなく曲を聴く事とワードを見つける事をぼちぼち9月、10月、11月。。。
そうだ、あとmoritoさんリクエストの「アースカラーが好きなのでアースカラーでお願いしますっ!!」。。。というアースカラーについても考えていた。
アースカラーについてもひと通り調べてみた。私のイメージしてるアースカラーと一般に言われてるアースカラーにズレがあったらいかんなと思って。

アースカラーをリクエストするのがmoritoさんらしい。この人には既にこの人の曲の色があって、つまり自分の作りたい作品の方向性がしっかり出来てるのだ。これは、個人的にすごい事だと思う。私も作り手として特に28くらいまでは自分の方向性がわかるような、わからんような、、何を描きたいのか描こうとしてるのか、何が持ち味なのか、めちゃくちゃ考え込んだり悩んだりしてた。これは短くも長くも物作りしてる人達には必ず通る道だと思うし、ここで精一杯悩まなかったらその後の成長はまずないと思う。
客観的に自分自身と対峙出来て初めて冷静に自分の作品も方向性も観えてくるような気がする。
moritoさんの音楽には、一貫性が感じられる。アースカラーではなく、moritoカラーが出来ている。
えらいことです。(笑)

そうか、そんな事ならアースカラーなんて無視してmoritoカラーで行けばよいではないかっ。
早い話、私がイメージするmoritoカラーを出せば良いのですっ。(キリッ!)

というわけで、私の持つアースカラーならぬmoritoカラーを具体的にするべくまずは使う色から決めていく事にした。
それが、11月半ば。

そして、やっとラフスケッチ。
b0244593_12504848.jpg

頭の中のぼんやりしたイメージをとりあえずかたちにしただけ。
イラレでスケッチ。
パソコンでやると変に緊張せずに素直にカタチにしていけるから不思議だ。(いつもはラフさえしないけど。)
ここから、今回使う素材について吟味したり、ジャケット以外の歌詞ブックとレーベルをどうリンクさせていくかってのも諸々詰めていかないといけましぇん。

そしていざ筆をもって描き出したらイメージは固まってるのに思うように描けないという予想外な事態発生!!
自分、ダメダメやないかーーーっっ

。。。と、まぁいざ取り掛かったものののっけからドーーンっと壁にぶつかったのでした。トホホ。。その続きはまた今度(´・ω・`)

何度でも宣伝するんだぜ!
明後日はそんなmoritoカラーを炸裂させてmoritoさんが川南町の峠の里にて野外ライブします。
午後1時間から1時間程度。
もちろん、新曲、オリジナル。
入場料無料。

聴きたい人はこの機会にぜひ!!\(◎o◎)/
[PR]



by corocorocho | 2013-12-06 11:48 | 作品

Artist morito (CDアルバムを作る、1)

今、moritoさんというアーティストのCDアルバムのアートワークを全部作ってる。
もう、ほぼ完成して後は本人に校正をお願いする段階まできた。
来年の2月以降発売予定です。(よろちくね!)

moritoさんに初めてお会いしたのは今年の上半期だったかなぁ。。。たまたまギャラリーの番をしてたら奥様と観に来られて、その時は白のシャツで見た感じ役所の人か学校の先生かなと思ったんだけど
一緒にお話してく流れで「歌を歌ってます!」とおっしゃるので、「聞きたい!」と言ったらすぐさま車の中からご自身のCDを持って来られてその場で聴かせて貰ったのだった。

話す声と歌う声とでは印象が全然違ってて、あ。いいわ!と、即効気に入った。
その時、自分の絵を飾ってる空間でその音楽は、流れてたんだけど。。。私の絵に合うよね。。。と思った(笑)

で、さらにお話してたら今は養護学校の先生をしながら音楽活動をされてるというので、最初の私の学校の先生かな。。は当たってた(笑)

そして、さらに話を聞いてたら、ああ。。この人って3年前くらいにブログで私の作品を紹介してた人だ!。。てのに気付いた。
時々、ネットで自分の名前で検索してみるんだけど(笑)、知らない人が私の作品の写真をUPしてて感想を書いてくれてたのを覚えてたのだ。どんな人かなと思って読み進めてたらどうやらその人は東京からこっちに戻ってきた所で地元のラジオに出るとかなんとか。。風雲地というユニット名が記されてて、へぇ〜。。そんな人がこんな所まで来てくれてたんだぁ。。。と嬉しく読んだんだけど、その張本人のmoritoさんだった!

やばい。きっと私、この人と一緒に何か作るし作ろうとするね。。。と、私の直感がビビビとキタので、お会いしたその日に「一緒にコラボできるといいですね!」とお話したのだった。
(ええと、私はよく人を褒めますが(笑)まず、そんな時は本気で言ってるので言われた方は本気で喜んで頂いて結構です(笑)混じりっけなしの気持ちで言っております。そしてまた、一緒に何かしたいね。。。というのも本気で、いいわ!と思えたからこそ出てくるコトバであり、決して社交辞令でもなんでもないです(笑))

そんなこんなで夏の個展にもmoritoさんは足を運んで下さり、こちらが作品に込めた云わんとしてる事をビシッと感じ取って下さったようだった。
何人かいるんです。ああ、この人は描いてないとこまでちゃんと観えてたな、感じ取ってたな。。。て人が。
そんな人は極数人だけど、moritoさんはその一人だというのがわかった。
ちなみにそういう人の特徴はコトバと密接な関係を築いてる人が多い。
音も絵もコトバも。。。繋がってるからかな。

個展が終わってすぐmoritoさんから新しいアルバムを制作するのでそのデザインをお願いしますという依頼が来た。
願ってもないお話、とっても光栄。
喜んですんなりお受けした。
音楽では参加できないけど、アートワークで参加できるというのは、嬉しいものです。特に自分が気に入ってるものをバックアップできるっちゅーのは大変やり甲斐があります。

さて、制作するにあたり私はいつものあれをmoritoさんにもやらなければならない。
そう。。。あれとは、取材。
moritoさんをカフェに呼び出し、デモテープを聴かせてもらいながら質問攻め(笑)(まぁ、、いつもの事ですが。)
moritoさんはカウンセリングみたい。とおっしゃってたよ。。。(笑)

moritoという一人の人間を掘り下げていくという作業。
音楽との出会いは?から始り、音やコトバの作り方やら落とし込み方やら、趣味やらミュージシャンにどうやってなったかとか、きっかけとか、活動中どう思ってたのだの、まぁ、ありとあらゆることを2時間以上かけてほじくり出す作業。
なので、私のノートにはアイデアのラフやらスケッチはほとんどなくて、ほぼ取材した記録で埋め尽くされる。。。
b0244593_1183470.jpg


そこまで掘り下げてようやくその人の事を知る事ができる。わかるまでは、いかない。そして、感情移入ができる。たぶん、音楽演奏したり役を演じたりする人達と似たような感覚だと思う。

さて、取材してみてmoritoという人がどんな人か観えてきた。

とにかく、真面目な人である。
真面目でしっかりしてるので私と同じくらいか歳上かと思ったくらいだ。(老けてるという意味では決してない) 随分私より若くてびっくりした。
物作りで真面目な人は伸びる。(←みねこデータによる)

欲がない。。。彼の中には、これで脚光を浴びてやろう!という野心が見受けられなかった。ただ、ただ、音楽をやれることに幸せを感じている人だった。
欲のない人には心に綺麗な余白がある為、インスピレーションやアイデアが湧きやすく、また、それらを受け取りやすい。(←みねこデータによる)
実際、そういう人は自然とアイデアやコトバが降ってくる。本人も頷いてた。

自然が好きでまたそれが似合う人である。創作活動に自然からのインスピレーションは欠かせない。。。と私自身日頃から身をもって体験してるので、moritoさんも山に入ったり海に入ってエネルギーを貰ってるというのを聞いて納得。何より、moritoさんという人が自然体である。

。。。。と、こう上げていって読み返すと。。。なんだ、これじゃまるで、聖人じゃないかっっ!?と思ってしまうくらい今時よく出来た、出来過ぎた人である。
ちょっとくらい間の抜けた所があってもいいんですけどねぇ。。。(笑)

でも、総括するととても心が綺麗な方です。なので、彼の創り出す音楽は聴いてて気持ちがいい。穏やかな陽だまりのよう。(って、どっかからとってきたような言い回しにも聞こえなくないけど事実デス)
そして、穏やかな中にもピシッと自分の哲学を持っている。。。ここがこの人の一番の魅力であり味なのではないかと勝手におもちょります。
その哲学的な事を難しい言い回しではなく、センスに溢れたモチーフ(この場合は歌詞に出てくる単語だったりする)を使って表現するので、押し付けがましい感じがしない。(のではなかろうか。)

まぁ、聴いてください。
聴いて下さいヨ!

そんなmoritoさんの野外ライブは今度の日曜8日、午後1時より1時間、川南町は峠の里にてありますっ
入場は無料です。

(つづく。。。)
[PR]



by corocorocho | 2013-12-04 10:14 | 作品

11月。福岡・秋月へー番外編

(3の続きです)

秋月に着いた日はざざっとですが町の中を歩いて観光してみました。

そんな中、ステキなお店に出会いました。
b0244593_13374268.jpg


木木の葉(ココノハ)雑器店。

b0244593_13392610.jpg

b0244593_13395025.jpg


オーナーさんが陶芸家さんでご自身の作品とセレクトされた雑貨を置かれたお店。
店内ではカフェもできます。
b0244593_1341026.jpg

いちじくのコンポートと紅茶。

雰囲気良すぎて居心地良すぎる〜(^◇^)
b0244593_1341554.jpg

b0244593_13421743.jpg


暖炉があって、さらに和みました。
看板犬のメロンくんもいました。プードルかな。。。(撮ってないけど。)

店主さんとお話してたら、なんと延岡出身だという事が判明!!(^m^)
また、いつかお会いできるといいなぁ。。。

と、最後は秋月のステキなお店を紹介でした。

春は桜がすごくて、秋月は春と秋が一番観光客で賑わうそうです。

町の至る所にカフェや古道具屋さんや雑貨屋さんがありました。
田舎なのに賑わっててちょっと不思議な感じがしたなぁ。。。

一泊二日の旅でしたが、とても楽しくてステキな人達と出会えて貴重な体験も味わえてすごく濃い一泊二日の秋月でした。

また訪れてみたいです(*^^*)

おしまい。
[PR]



by corocorocho | 2013-12-03 13:35 | お出かけ

11月。福岡・秋月へー3

(2の続き。。。)

さて、まだ続くのでした(笑)

秋月ではTINAをされてる社長さんご夫妻のお宅に泊めて頂きました。
イザベルさんとアブナーさんも泊まっておられたので、アブナーさんのイベントで出す料理の仕込みを目の当たりにしましたが、ほんとにずっとコトコト丁寧に煮込んでおられました。

ところで、泊めて頂いた寝室からの眺めです。
b0244593_13202686.jpg

↑写ってる建物は工房の一つです。
b0244593_13211129.jpg

b0244593_13212785.jpg

ひ、ひろい。。。^_^;

そして、2日目。
なんとこの日はまさかのアブナー亭のスタッフとしてお手伝いをする事に!!(笑)
b0244593_1323220.jpg

↑アブナー亭こと番所の裏はこうなってました!

こちらが厨房。。。まぁ、台所ですね。
b0244593_13252134.jpg

ここで、私と希代子さんは鬼のように(笑)、盛り付けたり、運んだり、下げたり、洗ったり。。。ほとんどしきってました(笑)
アブナーさんは、口笛吹きながらスープをよそう係。忙しいとジョークを飛ばしたり。。。そのへんが、フランス人ぽい。よくフランス人知らんけど。

今回成行きで(笑)、まさかの厨房仕事を体験すると事なりましたが、やってみてつくづく飲食業されてる方達って毎日こんなハードでドキドキして大変だなぁ。。。と思わずにはいられませんでした。
何事も体験してみないと全然わかりませんね( ;∀;)
それにしてもアブナーさんのランチは大盛況でした!!
素晴らしいっっ

はい、みんなで嵐の前の静けさの時にパチリ。
b0244593_13305058.jpg

b0244593_13312060.jpg

イザベルさんも一緒^_^

そんな感じの秋月。
おもいっきり非日常を味わう事が出来ました。

(番外編に続く。。。)
[PR]



by corocorocho | 2013-12-03 13:11 | お出かけ

11月。福岡・秋月へー2 

(前回の続き)

はいはい、秋月着きました!
b0244593_13525100.jpg

b0244593_1354541.jpg

b0244593_136837.jpg

b0244593_1361480.jpg

b0244593_1362779.jpg



秋月藩があった城下町だったとこでした。高鍋町の秋月藩と由縁があるのでした。
小さな町なんだけど、どこ行っても、もみじもみじ銀杏!もみじもみじ銀杏!
一緒に紅葉してて、町が紅と黄色に彩られて、家という家は古民家。古民家好きにはたまらない光景。(笑)そして、川が近くて、町の至る所に水が流れてるのでどこを歩いてても水のせせらぎの音が実に心地良い。歩きながら癒される〜(>_<)
町中のどこを切り取っても、絵になります。
カメラ持って来なかった事を酷く後悔( ;∀;)
九州にまだこんなに風情のある町があったのを知ってすごく感動しました。

イザベルさんの展示会場へ真っ先に行ったのだけど、肝心の中の様子を撮ってません。m(_ _;)m
イザベルさん本人はずっとにこにこされてて穏やかで、かわいいベッドミドラーという感じでした。
作品はシルクを染色されてて、そのストールや、仕立てた羽織りものがありました。色がシックな物もあればこの世の色とは思えない玉虫色みたいだったり、繊細なグラデーションに染められてたり。そして、私のシルクのイメージとは違っててすごく織物に張りがあるので、羽織りものを羽織るとふわふわ動くたびに浮くような感じ。
イザベルさんはフランスのテアトルソイユ劇団の舞台装置でモリエール賞を受賞されてるのですが、この空気をはらむ度にふわふわ生きてるかのように動く羽織りものを観てなるほど。。。と納得でした。

さてさて、いよいよイザベルさんのご主人が作るベジタブルプレートを食べにアブナー亭こと、番所へ。
b0244593_12392624.jpg

前回でもUPしたけど↑これが番所。入り口が小さいので屈んで入ります。
b0244593_12413346.jpg


中の様子。
壁にかけてある向かって右のグリーンの織物がイザベルさんの作品。
向かって左はTINAさんのフェルトを染色して作ってあるタペストリーです。もしかしたら大判ショールかもですが。

そして、こちらがそのランチ。
b0244593_1244249.jpg

レンズ豆のスープだったかな。
ペーストは、ナスとひよこ豆です。
たぶん、ひよこ豆だったかと。(笑)
ちなみに、ペーストとスープは日替わり。
ランチョンマットもTINAさんが今回のイベントに併せて制作されたものでした。
かわいい!

動物性のものは一切使われてなくて塩もフランスの岩塩を使ってました。
旨みのある岩塩。
スープを食べると美味しいのはもちろんホッとして、全体的に優しい味わいでした。希代子さん曰く、今までの疲れが癒されて元気が出てくる〜。。。というランチでした。

こんな所で、こんな美味しいもの食べれてしあわせだ〜。。。( ;∀;)

(3に続く。。。)
[PR]



by corocorocho | 2013-12-03 12:50 | お出かけ

11月。福岡・秋月へ ー1

先月は結構あちこち行ったなぁ。。。忘れないうちに書いておかねば。
一泊で希代子さんと福岡は秋月へ。

目的はこれでした。
b0244593_11182787.jpg

フランスの染色家のイザベルさん。
20年前に秋月へ来て藍染めを勉強されてフランスへ戻り、今回個展を秋月で開催するというのと、イザベルさんのご主人イスラム系フランス人で宗教上ベジタリアンのアブナーさんが個展期間中に併せて秋月の番所をアブナー亭とし
b0244593_11223560.jpg
普段から料理されてる動物性の物を一切使わない料理をお客さん達に振る舞うというイベントに伺う為。

今回秋月へ連れてってくれたのは希代子さん。
イベントを企画されたbonbon felt TINAさんの商品を希代子さんのお店でも取扱っておられる関係で今回この様なステキなイベントとご縁を頂きました。

この日は出発した時から何か楽しい事が待ち受けてる感じが漲ってて(笑)家を出てすぐの踏み切りで停まってたら目の前をあの七星列車が駆け抜けて行きました!まさか、見れるとは思ってなかったよ〜 \(~o~)/
「今日はいい日になるわ〜っ」。。とそれだけで2人ウキウキしながら高速目指してえびの方面へ。
運転は、希代子さんに丸投げ。そんなドライバー希代子さんが運転中なのに真横に出た虹に気が付いてまた2人で興奮(笑)
絵に描いたような大きくて始まりと終わりがはっきりわかる虹でした。
今年見た虹の中では一番綺麗でした。。。希代子さんは虹を見たのが10年ぶりくらいと言うのでそっちの方にもびっくりしたんだけど。
しかも、高速入って虹をくぐったよー\(^o^)/ そして、トンネルもいくつも越えて再び虹を見ました。
なんだ、今日は!朝からときめく事ばっかり待ち受けてるじゃないか、1日2回も虹を見るなんて。この先もきっと何か待ち受けてるよね。。。と思ってたら、休憩で立ち寄った宮原インターで、これまた希代子さんが犬の中では一番好きで将来一緒に暮らすのが夢!!と以前から言ってたボルゾイが!!(笑)
インターでボルゾイに会う事もそうそうないっス(笑)
希代子さんはたまらず駆け寄って行ってボルゾイに触れてましたが。
そんなこんなで、出発からミラクル三連発に恵まれなかなか本題に入らない秋月(笑)。。。つづく
[PR]



by corocorocho | 2013-12-03 11:15

11月。飫肥へ

先月の4日は児玉家の父・母、オットの4人で飫肥へ。
。。。と、その前にオットと2人で新富町の文化祭へ父の出品作品を観に行きました。
b0244593_1263484.jpg

b0244593_1271192.jpg

なんと、金賞!!すごいっ
でも、父曰く「今年はいつも大作出して毎回賞とってる人が出品してないから不満よ」。。。みたいな事を言ってました(笑)
とにかく、児玉家で今一番多く作品を作ってるのはオットでもなく私でもなく父です(笑)
すっかりアーティストです!
ちなみにこの作品はCDを砕いて制作してます。息子の嫁が段ボールで作品を作り、父はCD。。。廃物利用作家父娘でございます(笑)

そんなアーティスト父と母とオットで行ってきた飫肥。
着いてまずは腹ごしらえ。
b0244593_12171258.jpg

メニュー表の写真の鰹の醤油漬け丼が美味そうでオーダーしたら何故かお茶漬けが。。。ううううう(ー_ー)
次回は、ちゃんと食事処をリサーチして食べたいと思います。

b0244593_1221819.jpg

b0244593_12212762.jpg

蔵の一回をギャラリーにされてるル・ソレイユさんの所でパチリ。今回はお店は閉まってたので次回伺う予定。(^◇^)

b0244593_1225279.jpg

b0244593_12253348.jpg

今回の目的はこの展示会。
b0244593_12261864.jpg

残念ながら中での催しの様子を撮るの忘れてて(夢中になってて撮るの忘れた。。。)どんな作家さん達の作品があったのか全くもってお伝えできませんが(~_~;)、とにかくお客さんがひっきりなしに会場になってた小村寿太郎の生家へ来られて賑わってました!
個人的には木彫りの人形が可愛くてしばらくずっとガラスケースの前で固まってました。。。

会場を出て、まわりを散策。
b0244593_12352681.jpg

b0244593_12355937.jpg

お茶をするこにしました。
b0244593_12363873.jpg

b0244593_12371175.jpg

b0244593_12373794.jpg

服部亭。
窓ガラスが昔のガラスのまま。台風の時は大丈夫なのだろうか。。。と要らぬ心配をしてしまいます。
b0244593_12393851.jpg

b0244593_12395818.jpg

掃除が大変だよね。。。と要らぬ心配を(以下略)
b0244593_12405169.jpg

ふふふ。私はチーズケーキを頂きました。
b0244593_12414817.jpg

b0244593_1242630.jpg

庭も立派!!
b0244593_12425676.jpg

洋間も見せてもらう。。。の巻。
b0244593_12434635.jpg


実は2階にも上がらせてもらって色々見せてもらいました。撮ってないけど。

b0244593_12444784.jpg

恐ろしく広く旧く、当たり前のように年代物のお値打ち物が置かれてた服部亭を満喫し安堵して外に出る児玉家。。。

そんな感じで、ざざっと振り返って見ました。

すっごく久しぶりに飫肥に行ったけどやはり城下町の雰囲気は風情があっていいですね(ヽ´ω`)
非日常にトリップした気分になれてとてもいい気分転換になりました。(*^^*)
[PR]



by corocorocho | 2013-12-02 12:03 | お出かけ

イラストレーター児玉美音子のブログです。日々のあれやこれやをころころと綴ります。。。以前のブログはこちらをどうぞ⇒『ころころ帖』http://cocoroz.blog.ocn.ne.jp/
by corocorocho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お仕事の依頼について。。。

☆今年2013年は3年ぶりに『アートスペース色空』にて個展開催予定(個展タイトル未定)☞期間:8/13−18

※作品を購入されたい方、イラストのお仕事、こども専門の絵画造形講座、幼稚園教諭を対象とした造形教育の講座の依頼はこちらから⇒minecco918@gmail.com

最新の記事

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧