改訂版・ころころ帖

カテゴリ:鑑賞( 5 )




『encre』ファッションショー

今月3日はお友達の服飾デザイナー希代子さんのブランド『encre(アンクル)』が熊本県の山都町でファッションショーをするというので、行って来たのでした。
元診療所が複合施設になったところが今回の会場。
b0244593_14592851.jpg

中には素敵な雑貨屋さんも。これは『みころる』さんのお店。
b0244593_1552100.jpg

そしてこの廊下が今回のファッションショーのステージ。
b0244593_159151.jpg

あ!楽屋裏の希代子さん発見!モデルさんのヘアセットまでやってます。さすが、なんでもこなす人だ〜
b0244593_15152619.jpg

それではいくつかハイライトをどうぞ。。。
※なぜか投稿時はまともなのにアップすると横を向いてしまってる画像がいくつか。。。ご了承ください。
b0244593_15223729.jpg
b0244593_1527360.jpg
b0244593_15381854.jpg
b0244593_15435824.jpg

b0244593_15522233.jpg
b0244593_15575382.jpg
b0244593_1623246.jpg
b0244593_1663539.jpg

ショーが終わって拍手される希代子さんとアクセサリーを担当した千花さん。
長い制作期間を経て、本当にお疲れさまでした。
ほんとに、準備が長いんだよね。ろくに寝てなかった希代子さん、よう、頑張りました!
b0244593_16102316.jpg


。。。と、まぁ、ほんとにざっくりとしか紹介できてないですがこんな様子でした。
もちろん、まだまだ服とコーディネートはたくさんあったんですよ。
想像以上にたくさん見れて満足でした。

希代子さんのデザインの持ち味はかわいいだけじゃなくてストーリー性が感じられるものと、一見シンプルなものでも必ずどこかに遊び心が所々現れているところ。
コーディネートの提案はゆるい感じのものもあるけど、服自体は隅々まで丁寧に作られてて気を抜いてません。
だから、見ててただゆるいだけじゃなくて、ゆるさの中にも品があります。
と、私自身は感じてるんですけどね。
だから、正直このブランドを着こなす側も試されるというか、難しいところもあるのかなぁと思います。
品があって透明感のある人には特にしっくり馴染みそうなテイストだよなぁ。。。と思うんですよね。
例えば原田知世さんとか。

こういうセンスがあって技術も兼ね備えた作品をもっともっとたくさんの人に知って欲しいし、知られて欲しい。
ただノリでやってるんじゃなくて、めちゃくちゃ真剣に真面目に作品作ってる人は、私は応援したくなるんですよ
ねぇ。。。
そういう人にこそぜひ、光が当たって欲しいです。
なので、あなたの近くで原田知世好きがいたならば、希代子さんのブランド『encre』を教えてあげてくださいね!!(笑)

と、冗談はさておき(!?)、県内でもこのブランドを知って欲しいのと、私個人の楽しみと(笑)、好奇心で、来年の自分の11月の個展では希代子さんとのコラボも企画する事にしました。
これからそのコンセプト等作って行く予定ですが、もしなんらかのカタチで一緒にショーを作り上げてみたいという方、いるかなぁ。。。ジャンルは問いませんけど、その人の意気込みと情熱とそして一番はセンスのよしあしで『いいね!!』と感じられたなら一緒に作りあげていくのも面白いかもなぁ。。。メールください。。。。
。。。と、言ってみる。

と、いうことで来年は2万馬力だ!!
[PR]



by corocorocho | 2013-11-22 16:47 | 鑑賞

月とうた

b0244593_1172255.jpg


月も一緒にライブを見守ってた昨夜。
hou ちゃんの歌声とマリーズのフルートは伸びやかに夜の空に舞い上がって闇の中に溶けていった。

すーーーっと引き寄せられる歌声。
うたのことば達がこちらのからだの中に染み込んでいくかのよう。

愛のある魔法のうたごえ。
[PR]



by corocorocho | 2012-11-18 11:05 | 鑑賞

jazzな夜

b0244593_11402943.jpg


今月28日(日)に、お世話になってる方がご自身の退職記念として会食とジャズライブを企画されて招待して頂いたので、行ってきました!

ベース・名古地一也さん、ドラムス・ガリバー柳さん、ピアノ・後藤浩二さん。
そして、特別出演!!ボーカルは。。。日本の伝説のジャズボーカリストことジャズボーカル界の大御所・
寄世山澄子さん!!

まさか、あの寄世山さんのステージをジャズは好きでもとんと詳しくない私レベルが拝聴できる日が来ようとは。。。。びっくり、感激です。
スタンダードなナンバーが多かったかな。
時に可愛らしく、渋く、哀愁たっぷりで、間の取り方にも余裕があって、スタンダードなナンバーも全部、ぜんぜん知らない曲に聴こえてきたりして、それでも歌ってるのが力んでなくてすごく自然でした。
冒頭の日本語での語りも、聴いてると一気にその世界が浮かび上がってきてずずずずーーー。。。と引き込まれていくくらいドラマティックでした。

ドラムスのガリバー柳さんも一曲歌いながら叩いておられたけど、すっごくいい声でした。

そうそう、会場になったこのカフェの息子さんが実はこの日のピアニスト、後藤浩二さん。
どこのカフェかは、ここで言うと怒られそうなので(笑)(あまり知られたくないらしい)言いませんが、中からは広い芝の庭園が広がっててすごく気持ちがよくてステキなところです。

帰りは、早速 後藤さんのライブの時のCDを購入して余韻に浸りつつ聴きながら帰りました。

とても贅沢な大人な夜をありがとうございました。
[PR]



by corocorocho | 2012-11-03 11:39 | 鑑賞

結城奈央ピアノリサイタルへ

b0244593_10173587.jpg

[PR]



by corocorocho | 2012-09-16 10:16 | 鑑賞

辻井伸行さんのコンサートへ

昨日の夜は、とても楽しみにしてた辻井さんのピアノのリサイタルを聴きに。
b0244593_1712382.jpg

画像は開演前の様子。
私の席は三階のテラス席で、真下に辻井さんを見下ろすようなポジション。
なので、お顔は拝見できなかったけど その代わりに始終、演奏する手元が拝見できて 感激だった。

モーツアルトとベートーベンを演奏。
アンコールは3曲も!
ショパンとリストと、ラストはご自身の作曲された『それでも生きて行く』だった。
この曲は今年3月11日に起こった震災をうけて 自分に何が出来るだろうと考えられた結果、やはり音楽で希望や前向きな気持ちを伝えたいという想いで作られたというような事を話されていた。

私は素人なので演奏云々の詳しい事等はわからないけど、彼の演奏を聴いてて思うのは なんて魂がピュアな人なんだろう。。。といこと。
演奏は力強くてダイナミックでいて、それでいてすごく感情表現が豊かだと思う。
その中に透明感があって、聴いてて心のひだが一枚一枚剥がれていくような感覚をおぼえる。
心がクリアになる気がする。

彼は全盲なので、ステージのピアノまでは係の人がフォーローして連れて来られる。
ピアノの横に立ち、そこにピアノがある事を触れて確認してから椅子に座って、しばし呼吸を整えて演奏を始める。。といった様子が印象的で、あぁ。。。彼は本当に見えないのだなぁ。。。と思う。
しかし、演奏を始めるとピアノは彼に 、彼はピアノになる。
音と一体になって彼の世界が巡りだす。

今まで体験した事のない世界に連れて行ってもらった夜。
とても、最高な演奏でした。
[PR]



by corocorocho | 2011-12-23 17:23 | 鑑賞

イラストレーター児玉美音子のブログです。日々のあれやこれやをころころと綴ります。。。以前のブログはこちらをどうぞ⇒『ころころ帖』http://cocoroz.blog.ocn.ne.jp/
by corocorocho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お仕事の依頼について。。。

☆今年2013年は3年ぶりに『アートスペース色空』にて個展開催予定(個展タイトル未定)☞期間:8/13−18

※作品を購入されたい方、イラストのお仕事、こども専門の絵画造形講座、幼稚園教諭を対象とした造形教育の講座の依頼はこちらから⇒minecco918@gmail.com

最新の記事

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧