改訂版・ころころ帖

カテゴリ:今日のできごと( 4 )




正月3日目

正月3日目。
3日かけて、三社詣りの三社目は都農の一の宮神社。

まずは腹ごしらえ。
神社の駐車場にある一の宮食堂にて。
b0244593_21163271.jpg


そして、いざお詣りへ。
b0244593_21213934.jpg

b0244593_21203053.jpg

b0244593_21222124.jpg

b0244593_21225249.jpg

[PR]



by corocorocho | 2013-01-03 21:13 | 今日のできごと

正月2日目。

正月2日目は、朝はお年玉を入れるぽち袋が足りないので手作りしたり
b0244593_16491545.jpg


町内の神社に初詣に行ったり
b0244593_1650332.jpg


午後はオットの叔父の家での新年会に出たり。

b0244593_16513019.jpg

蝋梅を叔父の家に咲いてるのをもらってきたり。
[PR]



by corocorocho | 2013-01-02 16:45 | 今日のできごと

母と息子と卯年の私

今日はお世話になってるお店の8周年記念。店舗の敷地内(野外)にテントを張って色んな人が色んな物を売っていた。
その中の一つ、ハンドメイドの雑貨を売ってる方のコーナーへ。
クリスマスリースやお正月のお飾りや手作りの人形。。。
わくわくしながら見ていた私の横で 小学生(低学年)の男の子が
「これ、全部 お母さんが一生懸命作ったんだよ!!」 と私に向かって話かけてきたのである。
「ボクのお母さん、すごいねぇ〜。」(と、言ってみた。)

なるほど、古布で赤い座布団に座った着物を着たうさぎの人形が、複数並べてある。
その横には、獅子舞の人形が数体。
どちらも手の平に乗る様なサイズだ。

「あーあー、ぜんっぜん、うさぎが売れないよぅぅぅぅぅ。」
(え!?。。。。あぁ、確かにいっぱいあるよね。。。)
「あーあー、お母さんが頑張って毎日作ってたのになぁーーーー!!」
(な、なんて母親想いの息子なんだ。。。)

「かわいいうさぎさんだよねぇ。。。一つうちにも欲しいなぁ。。。」。。。私は誰に言うでもなく呟くように言った。
欲しいというのは、ウソではない。こういう和雑貨が好物だったりする。

「あーーあーーー、このうさぎの布ってすごく高いんだよねぇぇ。」
(う。。。。)
「そ、そうよね。だって古布だし ちりめんも使ってるしねぇ。。。高いと思うよ、うんうん。」。。。私は少年に言った。
「あーーーーあーーーーー、なのに ぜんっぜん、うさぎが売れないようぅぅぅ。せっかくお母さん、作ったのにぃぃ。」

少年よ、ちみは なんて健気な息子なんだよぉぉぉ。。。そして
「大丈夫よ!このお客さんが買ってくれるよ!」
少年の母は息子を心配させまいとそう言ったのだった。
おぉ、美しい親子愛!!。。。って、ちょちょちょっとぉおお「このお客さん」て、もちろん私の事ではないのっ!!
「ちなみに、このうさぎはおいくらですか?」。。。私は尋ねた。欲しい前に私はこの人形の値段を知らない。
「2600円です。」
「‥‥‥。」

とても美しい親子愛と とてもナイスなチームプレーだと思うわ。。。。。。

そんなわけで、私はうさぎをお買い上げした。
早速、うちのやってる店の棚に飾った。
しばらくは、うちのお店で接客係として働いてもらおうと思う。
[PR]



by corocorocho | 2011-12-11 00:10 | 今日のできごと

いざ、古本屋へ。

好きな雑誌が何冊かあって、とっても優秀な読者なので律儀に毎月、毎季刊、購入している。
イラスト関係の専門誌も気が向いたら買ってしまう。(←これが、非常にバカ高い)
月の雑誌ごときに私のお小遣いは飛んでいく。
たかが雑誌、されど雑誌。。悲しい私の性。。。けど、こんなに好きに雑誌が買えて 大人って素敵。。。とか思ったりもする。

そんな中、いよいよ雑誌が本棚に収まらなくなってしまった。
捨てるにも、それぞれ一冊、一冊の中に興味深い記事が載ってたりする。
仕事の資料にもなったりする。
考え込む。。。。よし、ここは心を鬼にして処分してしまえ。

私は古本屋へ持って行くことに決めた。
3年間購読してた雑誌は、今年のぶんはそのままに2年分紙袋に入れた。
今年から愛読してた分厚いファッション誌は今月と先月号だけを残して風呂敷に包んだ。
そして、5年くらい前から愛読してた薄い季刊誌は私なりの別の使い道が閃いたので処分しない事にした。

それにしても雑誌も数があるとさすがに重い。
古本屋に着くなりキャリー(自前)に積んでゴロゴロ引っぱりながら、店内に入り受付に立った。
実は、私の記憶する限り 古本屋に古本を売りに行くのは今回が初めてである。

「いらっしゃいませ!」
「すみません。雑誌を引き取って欲しいのですが。。。」。。。私は持って来たそれを指さして言った。
「どのような雑誌か見せていただきますね。」と学生のように真面目そうで若いオネエちゃん店員は言い、私は持って来た紙袋と風呂敷の中身を披露した。

「。。。お客様、当店ではまずこの手の雑誌は今年出ているぶんについては買い取る事が可能ですが、それ以前の雑誌は無効となります。お客さまのは2年前の物なので買い取る事が出来ません。次にこちらの雑誌ですがこれは実際は付録付きですよね?この雑誌を買われるお客様はやはり付録が目当てで買われる方が多いので付録なしだと買い取り料金も値下げとなります。そして、このタイプは3ヶ月前までが買い取れる事になってます。。えーと、お客さまの持って来られたものですと。。。この1冊だけが、こちらで買い取る事ができる商品となります。しかし、付録が付いてませんので本来30円で買い取らせて頂くところが10円での買い取りとなりますが。。。いかがなさいますか??」
。。。オネエちゃん店員は素晴らしい滑舌で噛むこともなく一気に説明してみせた。

「で、では その1冊だけで結構ですのでお願いします。」。。。言いながらちょっと恥ずかしい。
「かしこまりました!では、一冊分付録抜きの買い取りで10円となりますっ。」。。声がでかくないか、おい(汗)。。
「それでは、買い取りにつきまして こちらの『買い取り会員カード』をお作りする事になります。えーと、書類に記入にして頂きたいのですが。。それと、身分証明書の提示をお願いしますっ。そして、こちらの買い取り出来ない雑誌につきましては、当店で引き取って処分する事ができます。」

およよよ〜。。。1冊だけ10円売るのに、書類書いて身分証明書も提出しないといけないとは。。まして、会員カード作るのにお金かかりますなんていうことだったら、私 なんだかアホみたい。。

「わかりました!全部引き取りお願いしますっ。その売れる分の1冊もお金要らないので引き取って下さいっ。それでよろしくお願いしますっ(キリッ)」

そんなわけで、古本屋に古本を売るという初めての体験は引き取り処分(ほんとに処分するのかは謎よね)にすり替わって未遂に終わってしまったのだった。

気分はスッキリしたのでよしとしよう。
[PR]



by corocorocho | 2011-12-03 20:46 | 今日のできごと

イラストレーター児玉美音子のブログです。日々のあれやこれやをころころと綴ります。。。以前のブログはこちらをどうぞ⇒『ころころ帖』http://cocoroz.blog.ocn.ne.jp/
by corocorocho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お仕事の依頼について。。。

☆今年2013年は3年ぶりに『アートスペース色空』にて個展開催予定(個展タイトル未定)☞期間:8/13−18

※作品を購入されたい方、イラストのお仕事、こども専門の絵画造形講座、幼稚園教諭を対象とした造形教育の講座の依頼はこちらから⇒minecco918@gmail.com

最新の記事

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧