改訂版・ころころ帖

カテゴリ:作品( 18 )




キラキラメーラ

今月のプチ個展が始まる直前に描き上げた作品『紡ぐ光』です。

b0244593_11163248.jpg


こちらは世界的にも評価されてるカウンターテナーの米良美一さんのホームページの壁紙になってます☆

ホームページ➨米良美一さんのホームページ

ぜひ、クリックして見てみて下さい(^◇^)

ホームページを作成して下さった方がすごくステキに仕上げて下さってます(*^^*)
妖精がふわふわ動いてたり、雲が流れてたり、カーソルが蝶になってたり、キラキラっと光の粒が弾けたり。。。原画以上に米良さんことメーラの世界観を作り上げて下さってて私もすごく嬉しいです(*^^*)

米良さんも、完成した物を見てすぐに気に入って下さったみたいで良かったです。(^^♪

最近の米良さんをテレビで拝見すると独自の世界観のファッションだったり扮装だったりで、なんだか昔と比べてふっきれた感があってすごく自由な感じがして見てて楽しくて面白くていいなぁ。。。と思ってるのですが、でもこの方の歌声が何よりも素晴らしいなぁと思わずにはおれないんですよね。

『もののけ姫』のテーマソングが色濃く印象的だけど、私はそれより美輪さんの『ヨイトマケの唄』を以前運転中にたまたまラジオから流れてくるのを聴いてて思いがけず涙が溢れてきました。
悲しいとか感動したとかそういう涙じゃなくて、なんだかわからないけど自然と溢れてきた。。。という類の涙。
その時初めて米良さんてすごいのかも!と思ったのですが、今回仕事をさせて頂くにあたり、YouTubeやCDで米良さんのカウンターテナーのクラシックから地声で歌う歌謡曲まで聴かせて頂いたのですが、一つの声の中に幾つもの微妙な表現がされててそれがすごく繊細。
私の言葉ではうまく表現できないのが悔しいところですが、ぜひじっくり聴いて頂きたいなと思いました。

ちなみに私のお気に入りは『ロマンス』という初期の頃のアルバムですが、日本フィルハーモニー交響楽団をバックに西洋のクラシックを歌ってるもの。
伸びやかで、透明感があって、とにかく美しい〜〜っ
ずっとリピートして聴いてましたが飽きるどころかすごく癒される〜
これから制作する時はこれを聴きながらやろうと目論んでるところです。

そんなわけで、最近のお仕事の紹介でした(^^)/
[PR]



by corocorocho | 2014-04-25 11:14 | 作品

3月になったので。

前回の親知らずについて、メールやFBでたくさん体験談を寄せて頂きました。(教えて下さった皆さん、ありがとうございました) 体調が戻ったらぬ、ぬ、ぬ、抜きたいと思います。(>_<)

さて、3月に入りました!
これから個展に向けて準備を進めていく前に、作品と仕事等、ちょこちょこお知らせとご報告です。

まず、年末から年明けに制作してた3点。
これは一番手こずったその中の1点。
b0244593_22181115.jpg

これらが、高鍋信用金庫の通帳や紙袋となって、皆さんのくらしの中に登場予定です。
私の手元に製品化(?)したものがないので実物をアップできないのですが、もし高信で積立されたり通帳を作られたり新しくなる時はおそらく私のイラスト入りのものなので、その時はちょっとマジマジと見てあげて下さい(^◇^)
ちなみに上のイラストは、紙袋となります。
企画担当の方からの要望が、すぐに捨てられないずっととっておきたくなるような紙袋にしたいという事から、かなり色のグラデーションも細かくキラキラちっく(!?)に描いてみました。
こんなに色数多くて印刷代が気になりますが(私が気にしてもしょうがないけど。)
今回、私の作品を気に入って下さってイメージチェンジをしたいからと言う事で指名して頂いた事、大変嬉しく思います。
もっとデザインちっくなパターンぽいイラストにしましょうか?と思ったりもしたのですが、企画担当の方から、いつもの私の作品の雰囲気で!という事でしたので細かい事は考えずにいつもの調子で描かせて頂きました。
そこまで、言っていただけて光栄です。あぅ(TдT)

次に、念願のHPを作る事になりました\(^o^)/ こんな仕事してて、ちゃんとしたHPがないのはさすがにどうよ??。。。と思ってて、自分で作る事も考えたんだけど、ここは餅は餅屋という事で、ちゃんと専門の方にお願いしようと思い、只今、打合せをちょこちょこ始めてるところです。

私が初めて個人で作品展をした時からのご縁があり作家さんでもある大前さんことsheepさんに担当をお願いしました。
私にはないsheepさんの世界観(感)がすごく好きで、Webデザインの他に写真やイラストもされるんだけど、昔から彼のHPを覗いては、楽しませて頂いてました。
特にsheepさんの撮る写真が好きで、なんてことない日常の風景も彼の手にかかると詩的な世界に変換されて(ちなみにsheepさんは詩もたくさん作っておられます)好きなんですヨ。
そんな自分にはない世界観を持ってて尚かつ昔からの私の作品を知ってるsheepさんに、ぜひ私のイラストの素材を使いつつ、また新しく楽しいWebの世界を一緒に作って、皆さんにも楽しんで頂けたらと思ってます(*^^*)
どんなホームページになるかな。お楽しみ!!

そんなわけで、お知らせと報告以上です。
[PR]



by corocorocho | 2014-03-02 22:11 | 作品

Artist morito(CDアルバムを作る、3)

前回のArtist morito(CDアルバムを作る、2)の続きです。

前回からだいぶ続きを更新するまで時間がかかりましたね。(もし、待たれていた方がいたらごめんなさい。)
と、今日はまずお知らせから。
b0244593_11282862.jpg


moritoさんがでっかい会場でライブをやります!!
2月9日(日)、木城町にあるリバリスというホールで歌いますよ!!
今回のCDに入ってる新曲ですよ!!
時間は午後1時開場の1時半開演ですよ!!
チケットは前売り券2000円、当日券2500円ですよ!!
もちろん会場では今回のCDも販売しますよ!!!


というわけで、ライブとCD発売のお知らせでした。
moritoさん、この日はオープニングアクトで演奏時間は短いけどこの機会にぜひ来て欲しいいいいいい。

さて、本題へ。。。。

そう、前回も書いたんだけどいざmoritoさんのアルバムジャケットのイラストを描き出したものの、ちっともうまくいかなくて、描きたいものは決まってるのになんでだろーなんでだろー、なにがいけないんだろー。。。
b0244593_11293964.jpg

となってしまって作業を中断してもう一度このmoritoさんの雰囲気を表すのに手描きイラストでいいのかしらん、何か第一ボタンからかけ間違えてるんじゃないかしらん。。。。といちから模索し直して、ああ!この人は絵の具より紙だわ!!と気付いてから、素材をチェンジ。
紙をコラージュしてイラストを制作することにしました。
そしたら、面白いくらいにあれよあれよという間にあっさり完成。
うん。moritoさんという自然体で素朴で温かい雰囲気の人には紙を使うのがしっくりきて納得でした。
本人の事をぜひ知って欲しいのでmoritoさんの画像をイラストに載っけてもいいですか?と聞いたら全然大丈夫です!ときたので、今回はアーティストさんの写真撮影も私がやってそれを使いました。
プロの方が撮ったら光の具合やらもっとうまく撮れるんでしょうが。。。(;´∀`)
でも、撮影中は実際に歌いながら応じて下さってライブ独り占め状態で個人的には満足です(笑)
b0244593_11322733.jpg



それから、ジャケットの他にも歌詞カード、CDレーベルのイラストとデザイン。
こちらは、ちょっとシャレを利かせてみました。
どんなシャレかはぜひ出来上がった物を見て欲しいなぁ。。。。

ところで、CDジャケットの試作をmoritoさんに初見してもらった日の様子です。
b0244593_11325659.jpg

野外ライブの直後に試作を手にするmoritoさん。
思いのほか気に入って下さったみたいでひとまず私もホッとしました。

が、すぐすぐこの一連をこのブログにアップするにはまだ早いような、まだもう一山あるような気がしてて。。。そしたら案の定、数日経ってmoritoさんより「この前はライブ直後に拝見した初期感動だったのでもう一度冷静な目で見せて下さい!」ときたではありませんかっ。(予感的中・笑)

わーわーわー、なんかあるような気がしてたけどやはりそうきましたか〜っっ
まぁ、しかしそのへんが真面目で誠実なmoritoさんですわ。
そんなわけで、再度お越し頂いてじっくり作品を観て頂きましたヨ。
結果、ちょこっとしたところを取り払うくらいで済みました。。。ほぉぉ(;´∀`)

ようやくデータをお渡しして、やっと発注かけれるわ!と思いきや、またしてもmoritoさんからのストップのお声が。
それは本人の音作りで気になる所が出てきたからもう一度そこを調整します!!。。。という直接私の作業ではなくてmoritoさん自身の作業の件で発注を見合わせたんだけど、ギリギリまで妥協する事なく納得のいくまで追求する作り手としての姿勢に私はいたく感心しました。

moritoさんて、そんな人です、この方は。(´・ω・`)

そして、やっとこさ長い時間をかけていよいよCDがパッケージに入って完成します!!

今月の終わりには商品としてのCDが出来上がってくる予定です♪

めっちゃ、楽しみじゃーーーー\(^o^)/
[PR]



by corocorocho | 2014-01-09 11:25 | 作品

Artist morito(CDアルバムを作る、2)

(Artist morito CDアルバムを作る、1。。。の続き)


さて、前回の続きですよー(´・ω・`)

9月にmoritoさんを取材して早12月。
早い。
その間、moritoさんは休日を利用してせっせとレコーディングに励んでたようだ。
とある町の(実は私の育った町だったりする)山奥に朝日がバッチリ見れて町を見下ろせる貸し別荘があるらしく、自然大好きmoritoさんは緑を感じながら音作りをしたいという事で主にそこをスタジオにしてレコーディングしてたようだ。

レコーディングには、moritoさんが敬愛する音楽仲間をゲストに迎えてアコースティックギター以外のパートを演奏して貰ったりしてたみたい。
「他の演奏家さん達にレコーディングをお願いする時は、演奏して欲しいパートのアレンジはmoritoさんが考えるのですか?」。。。とお聞きしたら
「いえ、自分がお願いするプレイヤーの人達は、僕が心からいい!と思ってる人達なので信頼して任せてます。意外な方に行ってしまってもそれはそこも好きでお願いしてるので構わないんです。」
。。。みたいな意味合いの事をおっしゃってた。
かっちょええ〜 
自分の作品に才能があって好きだと思える人達が快く参加してくれるなんて幸せですなぁ。。。
デモテープの段階で既に完成度が高かったのでこれにまた色んな楽器が加わってこりゃどうなっちゃうんだろう、えらいもんができてるんじゃないかとソワソワする(笑)
ところで、今回私が、moritoさんについて驚かされたのは仕事の速さだ。
8月の一ヶ月足らずで10曲近く作ってた。
なんですか、あなたは。
出木杉くんやないですかっ。

さて、一方私はその取材した後から12月までどんな事をしてたかと言うと。。。ひたすら頂いてたデモテープを聴いていた。
途中、違うArtistの曲も聴きつつ、ひたすら『good holiday』を聴いていた。あ、今回のアルバムのタイトルです。
ホント、全体的な雰囲気がそんな感じ。good holiday!

そして、morito節を聴きつつ、彼がよく詩の中に使ってるワードを確認していく。
コーヒー。旅。光。。。特にこの3つのワードが目立ってた。
ここからイメージを膨らませて行こうかなぁ。。。と思った。
そして、moritoさんは森本(←本名)だけに森の中に居なければいけない。
森、コーヒー、旅、光でholidayぽい雰囲気を醸し出さねば。。。うーーーーん。

まぁ、こんな感じでラフスケッチを描く事もなく曲を聴く事とワードを見つける事をぼちぼち9月、10月、11月。。。
そうだ、あとmoritoさんリクエストの「アースカラーが好きなのでアースカラーでお願いしますっ!!」。。。というアースカラーについても考えていた。
アースカラーについてもひと通り調べてみた。私のイメージしてるアースカラーと一般に言われてるアースカラーにズレがあったらいかんなと思って。

アースカラーをリクエストするのがmoritoさんらしい。この人には既にこの人の曲の色があって、つまり自分の作りたい作品の方向性がしっかり出来てるのだ。これは、個人的にすごい事だと思う。私も作り手として特に28くらいまでは自分の方向性がわかるような、わからんような、、何を描きたいのか描こうとしてるのか、何が持ち味なのか、めちゃくちゃ考え込んだり悩んだりしてた。これは短くも長くも物作りしてる人達には必ず通る道だと思うし、ここで精一杯悩まなかったらその後の成長はまずないと思う。
客観的に自分自身と対峙出来て初めて冷静に自分の作品も方向性も観えてくるような気がする。
moritoさんの音楽には、一貫性が感じられる。アースカラーではなく、moritoカラーが出来ている。
えらいことです。(笑)

そうか、そんな事ならアースカラーなんて無視してmoritoカラーで行けばよいではないかっ。
早い話、私がイメージするmoritoカラーを出せば良いのですっ。(キリッ!)

というわけで、私の持つアースカラーならぬmoritoカラーを具体的にするべくまずは使う色から決めていく事にした。
それが、11月半ば。

そして、やっとラフスケッチ。
b0244593_12504848.jpg

頭の中のぼんやりしたイメージをとりあえずかたちにしただけ。
イラレでスケッチ。
パソコンでやると変に緊張せずに素直にカタチにしていけるから不思議だ。(いつもはラフさえしないけど。)
ここから、今回使う素材について吟味したり、ジャケット以外の歌詞ブックとレーベルをどうリンクさせていくかってのも諸々詰めていかないといけましぇん。

そしていざ筆をもって描き出したらイメージは固まってるのに思うように描けないという予想外な事態発生!!
自分、ダメダメやないかーーーっっ

。。。と、まぁいざ取り掛かったものののっけからドーーンっと壁にぶつかったのでした。トホホ。。その続きはまた今度(´・ω・`)

何度でも宣伝するんだぜ!
明後日はそんなmoritoカラーを炸裂させてmoritoさんが川南町の峠の里にて野外ライブします。
午後1時間から1時間程度。
もちろん、新曲、オリジナル。
入場料無料。

聴きたい人はこの機会にぜひ!!\(◎o◎)/
[PR]



by corocorocho | 2013-12-06 11:48 | 作品

Artist morito (CDアルバムを作る、1)

今、moritoさんというアーティストのCDアルバムのアートワークを全部作ってる。
もう、ほぼ完成して後は本人に校正をお願いする段階まできた。
来年の2月以降発売予定です。(よろちくね!)

moritoさんに初めてお会いしたのは今年の上半期だったかなぁ。。。たまたまギャラリーの番をしてたら奥様と観に来られて、その時は白のシャツで見た感じ役所の人か学校の先生かなと思ったんだけど
一緒にお話してく流れで「歌を歌ってます!」とおっしゃるので、「聞きたい!」と言ったらすぐさま車の中からご自身のCDを持って来られてその場で聴かせて貰ったのだった。

話す声と歌う声とでは印象が全然違ってて、あ。いいわ!と、即効気に入った。
その時、自分の絵を飾ってる空間でその音楽は、流れてたんだけど。。。私の絵に合うよね。。。と思った(笑)

で、さらにお話してたら今は養護学校の先生をしながら音楽活動をされてるというので、最初の私の学校の先生かな。。は当たってた(笑)

そして、さらに話を聞いてたら、ああ。。この人って3年前くらいにブログで私の作品を紹介してた人だ!。。てのに気付いた。
時々、ネットで自分の名前で検索してみるんだけど(笑)、知らない人が私の作品の写真をUPしてて感想を書いてくれてたのを覚えてたのだ。どんな人かなと思って読み進めてたらどうやらその人は東京からこっちに戻ってきた所で地元のラジオに出るとかなんとか。。風雲地というユニット名が記されてて、へぇ〜。。そんな人がこんな所まで来てくれてたんだぁ。。。と嬉しく読んだんだけど、その張本人のmoritoさんだった!

やばい。きっと私、この人と一緒に何か作るし作ろうとするね。。。と、私の直感がビビビとキタので、お会いしたその日に「一緒にコラボできるといいですね!」とお話したのだった。
(ええと、私はよく人を褒めますが(笑)まず、そんな時は本気で言ってるので言われた方は本気で喜んで頂いて結構です(笑)混じりっけなしの気持ちで言っております。そしてまた、一緒に何かしたいね。。。というのも本気で、いいわ!と思えたからこそ出てくるコトバであり、決して社交辞令でもなんでもないです(笑))

そんなこんなで夏の個展にもmoritoさんは足を運んで下さり、こちらが作品に込めた云わんとしてる事をビシッと感じ取って下さったようだった。
何人かいるんです。ああ、この人は描いてないとこまでちゃんと観えてたな、感じ取ってたな。。。て人が。
そんな人は極数人だけど、moritoさんはその一人だというのがわかった。
ちなみにそういう人の特徴はコトバと密接な関係を築いてる人が多い。
音も絵もコトバも。。。繋がってるからかな。

個展が終わってすぐmoritoさんから新しいアルバムを制作するのでそのデザインをお願いしますという依頼が来た。
願ってもないお話、とっても光栄。
喜んですんなりお受けした。
音楽では参加できないけど、アートワークで参加できるというのは、嬉しいものです。特に自分が気に入ってるものをバックアップできるっちゅーのは大変やり甲斐があります。

さて、制作するにあたり私はいつものあれをmoritoさんにもやらなければならない。
そう。。。あれとは、取材。
moritoさんをカフェに呼び出し、デモテープを聴かせてもらいながら質問攻め(笑)(まぁ、、いつもの事ですが。)
moritoさんはカウンセリングみたい。とおっしゃってたよ。。。(笑)

moritoという一人の人間を掘り下げていくという作業。
音楽との出会いは?から始り、音やコトバの作り方やら落とし込み方やら、趣味やらミュージシャンにどうやってなったかとか、きっかけとか、活動中どう思ってたのだの、まぁ、ありとあらゆることを2時間以上かけてほじくり出す作業。
なので、私のノートにはアイデアのラフやらスケッチはほとんどなくて、ほぼ取材した記録で埋め尽くされる。。。
b0244593_1183470.jpg


そこまで掘り下げてようやくその人の事を知る事ができる。わかるまでは、いかない。そして、感情移入ができる。たぶん、音楽演奏したり役を演じたりする人達と似たような感覚だと思う。

さて、取材してみてmoritoという人がどんな人か観えてきた。

とにかく、真面目な人である。
真面目でしっかりしてるので私と同じくらいか歳上かと思ったくらいだ。(老けてるという意味では決してない) 随分私より若くてびっくりした。
物作りで真面目な人は伸びる。(←みねこデータによる)

欲がない。。。彼の中には、これで脚光を浴びてやろう!という野心が見受けられなかった。ただ、ただ、音楽をやれることに幸せを感じている人だった。
欲のない人には心に綺麗な余白がある為、インスピレーションやアイデアが湧きやすく、また、それらを受け取りやすい。(←みねこデータによる)
実際、そういう人は自然とアイデアやコトバが降ってくる。本人も頷いてた。

自然が好きでまたそれが似合う人である。創作活動に自然からのインスピレーションは欠かせない。。。と私自身日頃から身をもって体験してるので、moritoさんも山に入ったり海に入ってエネルギーを貰ってるというのを聞いて納得。何より、moritoさんという人が自然体である。

。。。。と、こう上げていって読み返すと。。。なんだ、これじゃまるで、聖人じゃないかっっ!?と思ってしまうくらい今時よく出来た、出来過ぎた人である。
ちょっとくらい間の抜けた所があってもいいんですけどねぇ。。。(笑)

でも、総括するととても心が綺麗な方です。なので、彼の創り出す音楽は聴いてて気持ちがいい。穏やかな陽だまりのよう。(って、どっかからとってきたような言い回しにも聞こえなくないけど事実デス)
そして、穏やかな中にもピシッと自分の哲学を持っている。。。ここがこの人の一番の魅力であり味なのではないかと勝手におもちょります。
その哲学的な事を難しい言い回しではなく、センスに溢れたモチーフ(この場合は歌詞に出てくる単語だったりする)を使って表現するので、押し付けがましい感じがしない。(のではなかろうか。)

まぁ、聴いてください。
聴いて下さいヨ!

そんなmoritoさんの野外ライブは今度の日曜8日、午後1時より1時間、川南町は峠の里にてありますっ
入場は無料です。

(つづく。。。)
[PR]



by corocorocho | 2013-12-04 10:14 | 作品

10月、今月の作品

昨日は、教室の仕事の他にお客様の所へオーダーを頂いてた作品2点を引き渡しに行ってきました。

今回オーダーして下さったのは、80を過ぎたとても元気でチャーミングな奥様。
実は3年程前に私の作品が掲載された雑誌をお友達から教えられて観て下さって、気に入られてそのページを切り抜いて今でもずっと保管して下さってるという。。。そして、本当は私に絵を習いたかったんだけど(大人の)教室はやってないので、別の先生に手解きしてもらおうと何の知識もなくカルチャー教室に申し込んだら担当講師が私のオットだった!!。。。という、これまた不思議なご縁☆

Hさん(←お客様)は、学生の頃は美術部だったそうでそれからご主人がお亡くなりになるまでは、絵を描く事からは遠ざかっておられたそう。
でも、独り暮らしが始まってこのままではさらに落ち込んで引き篭もってしまうんじゃないか、何か好きな事を探して没頭したい。。。という思いから再び絵筆を取られたとの事。
でも今度はご自身が体調を崩されてしまい、それまで通ってた絵画教室は遠くて断念。だけどやっぱり大好きな絵を描いて生きたい。。。という事で次に通い出したのがオットの教室だったようです。
前述したように、本当は私を希望してたけど叶わなくて知らずに行きだした教室の講師が2ヶ月くらいしてから私のオットだと気付くHさん。。。これは、亡くなったご主人が空から奥様の為に巡り会わせたとしか思えません(TдT)

そんなHさんからのオーダーは、離れて都会で暮らす娘さんへ贈りたいというものでした。
夏の個展に初めて訪ねて下さって、期間中2度も足を運んで下さり、長い時間作品を一つ一つ丁寧に鑑賞して下さって、その中から、過去の作品を指して、子供が読書してる絵と、娘さんが音楽をされてるので、花と鍵盤のドレスを着た女の子の絵を。。。というリクエストを頂きました。
同じ絵は二度と描けないので、その2つをモチーフに新たな作品を制作したのでした。

そして完成したのがこちら。。。
b0244593_8105057.jpg

『今夜ささやく物語・2』



b0244593_8113074.jpg

『ワルツ・2』



額装したのはこんな感じ。(後ろで支えて下さってるのがHさん)
b0244593_8123541.jpg

b0244593_8152690.jpg






夏にオーダー受けてなんとか10月の終わりにお渡しする事ができて良かったです( ;∀;)

昨日はHさんのお宅に2時間もお邪魔してずっとお話してました。
その間、今までHさんが描いてこられた水彩画をたくさん観せて頂きました。
Hさん自身、すごく素敵な絵を描かれる方です。
雰囲気で描く事ができて、すでに色彩もご自身のカラーが出来上がってて、お花の先生だけあってセンスもお有りで、私この方に作品売っていいのかしらん(;´∀`)とか思ってしまいました。

今も1日中描いてる事が殆どだそう。(はるかに私より描かれてる。汗)

絵を描くのはエネルギーが意外と要るのです。
疲れるでしょう?と聞いたら、すごくぐったりしますとの事。
でも、好きだから苦にならない(^^)と仰っていました。

だから80過ぎてもあんなにお若くていらっしゃるんでしょうね。。。


作品を発表するというのは、つくづく大事な事で、私が一番何が大事か感じるのは作品というものが人との縁を生み出すという奇跡につきます。

作品を描いて発表したおかげでこうやってまたステキな人生の先輩ともご縁を頂きました。
ほんとにありがたい事、素晴らしい事です。

そして、昨日は来年の個展を申し込んで来ました。
来年は11月の半ばに夏にお世話になった色空さんにてまた作品を発表させて頂きます。

まだまだ私もがんばらねば〜〜 \(~o~)/
[PR]



by corocorocho | 2013-10-31 08:03 | 作品

お茶のパッケージ

最近した仕事の紹介と製品の宣伝をば。(´・ω・`)

木城町の工藤製茶さんがこの度、思い切って無農薬、無化学肥料、除草剤不使用でお茶を栽培されました!

その名も。。。。『百合野そだち』

百合野とは地名で、木城の中でも高い所にある土地です。
そこは田んぼはなくて、畑地や畜産が連なってるんだけど、その中でも他の畑から離れた所。。。つまり、よその農薬が風で流て影響を受けない隔離されたような位置で栽培されました。

完成したお茶を経済連で測定してもらって、見事に沢山の項目をパスし、堂々と残留農薬ゼロ!!という結果も出て、無農薬のお茶として販売する事になりました。すごいっっ(^^)

しかし、今までは普通に農薬を使用し、化学肥料を使い、除草剤を使ってて、今回まるっきり逆の事をして育てないといけなかったわけで、作り手としてはさすがに不安で不安で心配だったと仰っていました。
それでも、未来の事を考えて少しでも改善できればと言うことで、今回この安心して飲めるお茶を作られたのでした。

。。。そんな農家さんの意気込みと勇気を讃えて、私もパッケージのデザインでお手伝いさせてもらいました。

b0244593_9513218.jpg
 
今回は、商品名をコラージュで制作。
まずは、アナログ作業から入りました。

b0244593_951582.jpg

何回も試作。。。微妙にやり直したり。。。

私の方でパッケージはデザインするのだけど、印刷は資材屋さんがされるので何度もやりとりが続いたんだけど、やってるうちに全国で流通用のバーコードはまず地元の商工会で申請して登録しなければならないという事を初めて工藤さんも私も知って、登録できるまでしばし作業が中断したりで思わぬ所で時間がかかりました(~_~;)
それと、お茶のパッケージは和紙で繊維が多いので書体も大きさと種類を気をつけないとインクが広がって文字が潰れてしまうとかで。。。そのへんもやり直したり。。。思ったより手こずりましたが、すごく勉強になったなぁ~(^◇^)

そして、やっと完成したのがこちら!
b0244593_9594895.jpg

3種類です。

裏には工藤さんの思いを聞き出して文章にしました。
b0244593_1004733.jpg

最初、私がこんなのも面白いかも!とこてこての木城弁で思いを聞き出して書いてみたんだけど、工藤さんから「やっぱりそんな木城弁は使ってないと思うとよね。。(^_^;)」と言われ、最終的には工藤さん自ら気持ちを文章にしたためて下さってそれが、後ろに載せてあります。

正直で誠実で素朴ですごくいいやん!!
。。。と個人的には思っちょります( ^ν^)

あぁ、こんな農家さんがたくさん増えてくれるといいなぁ。。。。
新しい事をやる、自分のやりたいことを正直にやるって、エネルギーも勇気もいるよね。(前のブログにも書いたけど。)


これから、このお茶は宮崎ならず全国のお茶の間へ登場させたいと思ってます。
欲しい方は私の方にでもメール下さい(^^)/
早速、東京の方からも注文が来てるとか。
いいねぇ。。。どんどんこういう物が広がりますように。(*´ω`*)
[PR]



by corocorocho | 2013-10-23 09:36 | 作品

新作、納品

只今、私は8月お盆の週の個展に向けて絶賛制作中なのですが、オーダーを受けてた作品で無事に先月納品した作品を紹介しておこうと思います。

タイトルは『ワルツ』

b0244593_1057494.jpg


新築祝いにという事でのオーダー。
作品を飾る部屋はなんと、グランドピアノを置いてる部屋。そして、学校の先生兼ピアニストでもあるので、音楽にちなんだ絵がいいというリクエストにお応えした作品となりました。
花を実際にあるものにするのか架空のものにするのか悩みましたが今回は架空のもので。
色は持ち主になる彼女の華やかなイメージから赤やパステルカラーにしました。

そして、額装したのがこちら。

b0244593_1134064.jpg

じゃーーーんっ!!
金縁ですっ
ゴーーージャス(笑)

実はこの額縁、オットが自分の作品用に購入したものだったのだけど、いざ額装してみたら作品と額縁がマッチしなくて、じゃ、私の入れてみよう!(^o^)と入れたらこれがシンデレラのガラスの靴のごとくピッタリマッチ!!
これは、もう使うしかないでしょう!
。。。ということで、この華やかな額縁に額装することができました。

実際に納品して壁に当てて見たら、部屋がパッと明るくなった印象でした。

作品以上に、額縁選びも大事ですね。

無事にお待たせしてた作品を納品できてよかったです(^o^;)

これから、あの作品はあのグランドピアノの部屋でいつも音楽に包まれて在るんだなぁ。。。と想像すると楽しくなりますね^m^
[PR]



by corocorocho | 2013-05-05 10:52 | 作品

CD完成しました

2月にイラストとデザインを担当して制作してたフォークソングトリオ『デュランタ』さんの1st.ミニアルバムCDが今月完成して絶賛販売中です♪
b0244593_13452380.jpg



完成記念ということで、完成したCDを紹介しますね。



b0244593_13513017.jpg


紙ジャケットの扉です。
CDに入ってる5曲の詩を読んで、その雰囲気から今回は版画で制作しました。
『デュランタ』さんは普段のライブではアコースティックギター2本での演奏ですが、CDではギター以外にピアノ、ドラムなんかも入ってさらに華やかになってます。これはギター・ボーカルの猪俣誠さんが全て自身で作曲・編曲・プロデュースされてるのですが、まさかここまでできる方とは想像してませんでした。(ごめんなさい。)だって、ただでさえ歌とギターが素晴らしいのにそれ以上の事ができるなんて。。。。せっかくなので猪俣さんのプロフィールを紹介したいと思います。

☆猪俣誠ー1982年に独自のグループ結成後NHKヤングミュージックコンテスト特別賞を始め数々の賞を受賞。上京して自身のバンド『Acoustics』として演奏活動・CD発売・TV出演。
森山良子をはじめたとしたアーティストへ楽曲提供、CMソングの作成等。



b0244593_135289.jpg


紙ジャケの表を開いたところです。
一枚の絵を反転させて表と裏表紙の絵が繋がるようにしました。
色は春にちなんだ曲が多かったので明るくて軽い感じにしました。
書体は自分でデザインして作ろうかなとも思ったのですが、たぶんこのCDを手にするのはフォークソング世代が多いかな。。。と思ってオーソドックスにどの年齢層にも馴染みやすいようにしました。
紙ジャケの中身は表とはまた全然違ったシンプルなデザインにしました。
ポケットは左右にそれぞれついてて、そこからCDとブックレットが取り出せる仕組みになってます。
(手に取って欲しいので紙ジャケの中のデザインとブックレットの画像はあえて載せてません。笑
買ってください。笑)


b0244593_13524596.jpg


CDレーベルのデザインは、シンプルに。
デュランタというのは、夏に咲く花の名前なのですがその花のイラストをどこかに入れて下さい。。。という要望が猪俣さんからあったのでCDにはデュランタの花のイラストを。
少しでも花が映えるように、背景はホワイトにして極々シンプルに仕上げました。
デュランタさんの印象が、アコースティックギターというとても素朴で優しくて軽やかな、でもって猪俣さんともう一人のメインボーカル梅木さんの美しい歌声のハーモニーは大げさではなく、押し付けがましいこともなく、ほんとに爽やか。そのイメージです。
そうそう、個性が際立っててギラギラしててインパクトがあるというようなアーティストではなく、スーーーっと寄り添ってきて染み込んで来るくるような楽曲とアーティストだと思います。
実際、CDをずっとリピートして聴いてても飽きが来なくてすごいなと思いました。

デュランタというグループはまだ結成して2年になるかならないかというまだまだ新しいグループなのですが、全国発信しても全然劣らないと思います。
ぜひ、たくさんの人達にデュランタさんの歌声が届くといいなと思います。

仕事柄、音楽関係の方たちと一緒に活動したり交流する事がありますが、そこだけ見ても才能のある人がごろごろいる。そして、埋もれてる。(苦笑)
もったいないです。もっともっと、こういう人達がどんどん思う存分力量を発表できる場が増えるといいなぁ。。。。

CDは私の作品を常設してるこちらでも販売中です→オーガニック・ギャラリー瑶林堂
[PR]



by corocorocho | 2013-03-25 12:22 | 作品

まるでゲーム

b0244593_1453091.jpg


それにしても何年描いても毎回難しくてすんなり行くということが滅多にない。
行きつ戻りつ、進んでると思いきや、また振出しに戻ったりして。

でもわかってる。

行きつ戻りつしてしまうのは、まだ気持ちに迷いがあるということ。

そんなわけで、出来の悪い私は毎回葛藤しながら制作しなければならないのだった。

上の作品は去年の今頃描いた作品。
原画はもうありません。。。
誰のものになるでもなく。
タイトルは『葡萄の子』というお話の一場面。
[PR]



by corocorocho | 2013-02-22 01:40 | 作品

イラストレーター児玉美音子のブログです。日々のあれやこれやをころころと綴ります。。。以前のブログはこちらをどうぞ⇒『ころころ帖』http://cocoroz.blog.ocn.ne.jp/
by corocorocho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お仕事の依頼について。。。

☆今年2013年は3年ぶりに『アートスペース色空』にて個展開催予定(個展タイトル未定)☞期間:8/13−18

※作品を購入されたい方、イラストのお仕事、こども専門の絵画造形講座、幼稚園教諭を対象とした造形教育の講座の依頼はこちらから⇒minecco918@gmail.com

最新の記事

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧